優愛クリニック

診療に関するご質問・ご予約はお気軽に

06-4704-9524

スマートフォンサイトはこちら

menu

トップ治療メニューヒト幹細胞上清液(療法)

ヒト幹細胞上清液(療法)

supernatant

日本再生医療学会健康被害補償制度加入医療機関

ヒト幹細胞上清液とは

近年、幹細胞を使用した再生医療が世界中で実施されるようになりました。
幹細胞とは色々な細胞や組織を新しく再生したり、修復したりする能力がある細胞です。 実際に脊髄損傷や脳卒中で麻痺した神経を再生する能力や膝軟骨の再生、肌の再生などこれまでの治療方法では不可能であった素晴らしい治療効果が報告されています。 この幹細胞は体内から少量の幹細胞を取り出し培養という技術で体外で大量に増やして治療に使用します。 その時に使用した培養液には幹細胞から様々な栄養成分が放出されています。 これらの栄養成分を集め精製したものが幹細胞上清液です。 幹細胞から分泌される栄養成分には細胞の再生や修復に必要な多数の成長因子(Growth Factor)や細胞外小胞、エクソソーム(mRNAやmiRNA)、サイトカインなどが含まれています。 これらの成分は体内で細胞の成長に必要な命令を伝達したり、細胞を増殖、修復、再生する能力があります。

当院は、幹細胞を用いた肌再生幹細胞治療を厚生労働省の認可を取得(第二種再生医療等提供計画番号PB5200020)しているクリニックです。幹細胞の特性に関して熟知した上で、この度、ヒト幹細胞上清液を使用した治療を行う事を決定いたしました。

ヒト幹細胞上清液

ヒト幹細胞上清液に含まれる栄養成分

上清液には多数のサイトカインや成長因子(Growth Factor)が含まれています。
その中でも特に有効であると考えられている成分が成長因子(Growth Factor)と細胞外小胞、エクソソーム(mRNAやmiRNA)です。


成長因子(Growth Factor)について


特に下記の成分が肌の治療に有効だと考えられております。(お肌の構造については⇒こちら

bFGF
(塩基性線維芽細胞増殖因子)
・血管内皮細胞内の増殖と血管新生を促進します。
・コラーゲンを分泌する繊維芽細胞の増殖を促進します。
EGF
(上皮細胞成長因子)
表皮細胞を生成するよう肌にある幹細胞にシグナルを出し、細胞組織を活性化させ、肌のターンオーバーを促進し、新しい皮膚細胞形成により崩れてしまった細胞の形を整えます。
PDGF
(血小板由来成長因子)
損傷を受けた皮膚細胞の再生、コラーゲン合成を促進し、皮膚の修復を促進します。
IGF-1・2
(インスリン様成長因子-1・2)
新しい皮膚細胞形成によりコラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンの産生を促し、崩れてしまった細胞の形を整えます。
TGF-β1
(抗炎症因子)
 抗炎症作用を有し、コラーゲンやエラスチンの機能を強化する事ができ、肌に弾力が戻る効果が期待できます。

その他の有効成分として・CNTF(毛様体神経栄養素因子)・GDNF(グリア細胞株由来神経栄養因子)・NGF(神経成長因子)・BDNF(脳由来神経栄養因子)・VEGF(血管内皮細胞増殖因子)・HGF(肝細胞増殖因子)・KGF(角化細胞増殖因子・ケラチノサイト増殖因子) があります。

ヒト幹細胞上清液
※臍帯血由来幹細胞上清液に含まれる成分は論文調査した内容になります。

細胞外小胞、エクソソームについて


細胞外小胞、エクソソームは細胞から放出される大変小さい遺伝子レベルの物質です。これらは細胞や臓器に様々な再生や修復の指令を行なったり、再生や修復に必要な成分を作る指令を出す働きがあります。最近の研究では全身の細胞や臓器間で情報を交換し生命の維持に大変重要な役割を担っていることがわかり注目の物質です。

ヒト幹細胞上清液で期待される皮膚への効果

皮膚の生まれ変わりには皮膚幹細胞が重要な働きをしています。皮膚幹細胞は皮膚を再生する命令として成長因子やエクソーム、サイトカインなどを放出し皮膚構造に必要な線維芽細胞、コラーゲン、エラスチンなどの増殖とバランスを調整しています。しかし年齢と共に皮膚幹細胞の数の減少や能力の低下が起こり正しい皮膚の生まれ変わりが行えなくなりシワ・タルミ・シミが増えてしまいます。

そこで成長因子やエクソソームなどの栄養成分が含まれる幹細胞上清液を使用することで衰えた幹細胞の働きを補足することが期待できます。またこれらの幹細胞栄養成分が直接皮膚へ働きかけ皮膚の若返りを促進することもできます。幹細胞上清液で期待される効果は、薄いシミ・シワの改、ざ瘡(ニキビ)の改善、乾燥肌等の肌質改善、毛穴を目立たなくさせるなどがあります。

ヒト幹細胞上清液

※上記写真は歯髄由来幹細胞上清液を投与した結果です。今回当院では、臍帯血幹細胞上清液を採用することとなりました。
※症例は一例となりますため、効果には個人差があります。

また、当院は、幹細胞を用いた肌再生幹細胞治療を厚生労働省の認可を取得(第二種再生医療等提供計画番号PB5200020)しているクリニックです。幹細胞の特性に関して熟知した上で、ヒト幹細胞上清液を使用した治療を実施しています。
肌幹細胞治療に関しては、当院HP内のURL:http://www.you-i-clinic.jp/menu_stem_cell.htmlを参照してください。

ヒト幹細胞上清液治療のリスクについて

当院のヒト幹細胞上清液を培養する際に使用する幹細胞ですが、既知の感染症等に感染していないと確認が取れた幹細胞を使用しておりますが、 現在の医学では判明していない未知のウィルス等が入っていない事は否定できません。
又、他人の幹細胞を用いた上清液を使用しているので、体に合わずアレルギー反応(アナフィラキシーショック等)を起こす可能性がございます。アレルギー反応により、発疹・発赤・かゆみ等が出る可能性もございます。
治療を受ける前に当院医師からのカウンセリングで治療効果とリスクに関して、詳しく説明を聞き、同意した上で治療をおこなってください。

肌再生幹細胞治療とヒト幹細胞上清液治療の違いについて

■肌再生幹細胞治療と幹細胞上清液治療の大きな違い

幹細胞が含まれている治療が肌再生幹細胞治療であり、幹細胞が含まれておらず、成長因子(Growth Factor)や細胞外小胞、エクソソーム(mRNAやmiRNA等)、サイトカインが多く含まれている上清液を使用した治療がヒト幹細胞上清液治療になります。

■肌再生幹細胞治療について

自己の幹細胞を患部に皮下注射する事により、幹細胞自身が肌再生に必要な皮膚幹細胞の活性化、肌の血流改善に必要な毛細血管の再生、各種成長因子、エクソソーム、マイクロRNAなどの栄養成分の分泌が行われ 1年から数年の長期間にわたり肌の再生、老化抑制効果が期待できます。自己の幹細胞を体外で培養し増殖させて皮膚に注入しますので副反応が少なく安全性が高いです。但し治療費が高額であるという点が上清液治療に比べデメリットです。

■幹細胞上清液治療に関して

幹細胞投与に比較して安価で同様な効果が期待できる治療を受けることができます。デメリットとしては、幹細胞上清液は他人の幹細胞を培養した栄養成分を使用するため、現在知られている肝炎ウイルスや梅毒、HIVなどの感染症がないことは検査で確認ずみですが、現代の科学では測定できない未知の微生物の存在の有無については不明です。従ってその確率は極めて低いと考えていますが未知の微生物からの疾病の発生を完全に否定できません。また、幹細胞治療に比べて長期的な治療効果は望めず、定期的に塗布・注入する必要があります。

ヒト幹細胞上清液を用いた治療の方法について

皮膚には外部からの汚染を防ぐバリア機能があり、上清液を塗布しただけでは十分な浸透が望めません。栄養成分を肌に効率的に取り込むために、当院ではイオン導入とダーマペンを採用しました。

ヒト幹細胞上清液

イオン導入によって肌と上清液栄養成分に電気的負荷を加え通常では皮膚を通過しにくい栄養成分をイオン化することで肌の奥に大量に送り込みます。ダーマペンにより肌に軽度のダメージを与え、そこから上清液の栄養成分を大量に肌に浸透させます。

ヒト幹細胞上清液の品質管理・安全性について

何よりも良質な上清液を使用する事が大切になります。当院では提携している認可を受けた細胞加工施設からの上清液の提供を受けています。この細胞加工施設では、事前に各種感染症の検査をクリアした安全性の高い幹細胞ドナーを選定しており、幹細胞を培養し増殖させる過程で細胞の汚染を防ぐための様々な規定を省略することなく実施しております。

また細胞の形態のチェックや細胞の成長率なども観察し純度が高く安全性が高い幹細胞から分泌された栄養成分を幹細胞上清液として精製しています。しかしながら現代の科学技術での検査では発見されていない未知の微生物が存在している可能性も完全に否定する事はできません。

治療前には、期待される効果だけではなく想定されるリスクも医師が丁寧に説明させて頂きます。ご不安な点が御座いましたら、何なりとご質問下さい。

肌の構造について

■肌の構造

肌が綺麗に見えるには肌表面の美しさと表面を支える深層部分の弾力性が大切です。これら両方が良い状態であることできめ細やかでシミやくすみがない綺麗でしわやたるみが無い弾力性のある肌になります。

■皮膚表層

肌の表面は常に生まれ変わっており、肌の奥の基底層から新しい細胞が生まれています。古い細胞は徐々に表面に押し出されて角質となり剥がれ落ちるターンオーバーを繰り返しています。これには表皮幹細胞が大変重要な役割を行っています。表皮幹細胞の働きが悪くなるとターンオーバーが遅くなり角質が劣化し、きめが粗くなり肌質が悪化してしまいます。

■皮膚深層

皮膚の深層部分については真皮幹細胞が指令を出して線維芽細胞からコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを増殖させたり、そのバランスをコントロールしています。その司令塔が減少する事で、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生が減少し、お肌の乾燥・しわ・たるみの原因になります。

ヒト幹細胞上清液

コラーゲン:肌のハリを保ちます。
エラスチン:弾力のある肌を保つ為の細胞と細胞の楔となります。
ヒアルロン酸:肌の潤い成分であり、みずみずしい肌に必要な成分です。

※コラーゲンやヒアルロン酸は構造が非常に大きくただ塗るだけではなかなか浸透しません。幹細胞や幹細胞上清液を肌内部に浸透(注入)させる事により内側からの産生を促す効果が期待できます。

ヒト幹細胞上清液療法の内容

肌再生幹細胞治療で使用される培養液に含まれる栄養成分を集め精製したものが幹細胞上清液です。
上清液には、細胞の再生や修復に必要な多数の成長因子や細胞外小胞、エクソソーム、サイトカインが含まれています。
この幹細胞上清液を使用することで衰えた幹細胞の働きを補足し、薄いシミ・シワの改善、ざ瘡(ニキビ)の改善、乾燥肌等の肌質改善、毛穴を目立たなくさせる効果が期待できます。

治療期間と回数

個人差にもよりますが、2~3週間に1度のペースで複数回投与を行うとより高い効果を実感いただけます。
今のお肌の状態を内面から改善していくため、人口的な施術とは違い短期間で大きな印象の変化を起こさないで済むため、気付かれることなく⾃然に肌の改善治療を行うことができます。

上清液の料金

お得なキャンペーン価格!

上清液 イオン導入
初回お試し価格 1ml 13,200円 + 1回 3,850円 = 合計 17,050円
2回目以降
(通常価格)
1ml 22,000円 + 1回 3,850円 = 合計 25,850円
たっぷりプラン 3ml 66,000円
49,500円
+ 1回 3,850円 = 合計 53,350円
上清液 ダーマペン4
初回お試し価格 1ml 13,200円 + 1回 16,500円 = 合計 29,700円
2回目以降
(通常価格)
1ml 22,000円 + 1回 22,000円 = 合計 44,000円
たっぷりプラン 3ml 66,000円
49,500円
+ 1回 22,000円 = 合計 71,500円

上記の料金とは別に初・再診料がかかります。

ページ上部へ